加賀百万石ここ金沢に、百花繚乱様々な文化が熟成され、
今日まで脈々と受け継がれています。

慶事に三ツ組盃を、お茶事、酒宴に漆杯を交わすことは、金沢日常のハレの場の風景。

金沢の漆の文化。それは作る伝統と使う文化が、この地で共にあること。
この伝統文化を、さらに今日の生活文化に一層煌めきをもって繋ぎゆきたい。

金沢漆芸会設立50周年記念フォーラム 今なぜ加賀蒔絵なのか

講演内容